サードメディスンプロジェクト北海道webウェブマガジン

生理痛対策・左下低い人バージョン

calendar

生理痛、ありますか?

 

生理痛の原因と対策も、サードメディスン的にいえば千差万別。

カイロで下腹部をあたためるのがいい人もいれば、下腹部ではなく腰をあたためるほうがいい人もいる。

水分をしっかり取る方がいい人もいるし、フラフープがいい人もいる。

 

・・・・・・・フラフープ?

そうなんです。サードメディスンを学んだひとは必ず触れる、左下を伸ばすためのフラフープでのセルフケア。

意味わかんないし、フラフープが必要な人ってのは、だいたいフラフープなんてやりたくもない人が多いです。

なので、理論で納得して実践につなげましょう。

 

フラフープでなにを改善するか?⇒骨盤内の血流です。

痛みの原因物質、プロスタグランジン。(誤解せぬよう、プロスタグランジンは悪者ではありません。生きていくために必要な物質です。)

骨盤内の血流が滞って、プラスタグランジンがそこらへんをウロウロしているのをイメージしてください。なんか下腹部や腰が痛くなりそうですよね。

なので、腰を回して血流をよくするのです。その例がフラフープ。

だから、フラフープじゃなくていいんです。骨盤体操をしましょう。腰を回しましょう。それだけのことです。

1年くらい前に流行った『ながらウォーク』がいちばんオススメなのも左下低いタイプさん。

 

ただし、そもそも、絶対的な血流が足りない場合、冷えによって血流がよくない場合には、その改善もプラスして必要。

血流に関するオススメの本はこちら。血流がすべて解決する

 

・サードメディスンプロジェクト認定アドバイザー
・AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
・女性の健康サポーター
・ライフオーガナイザー2級
・自然と宇宙とこどもと本が好き
・人と人をつなぐ人
〒レターポットは こちら です