サードメディスンプロジェクト北海道webウェブマガジン

サードメディスンと更年期

calendar

reload

サードメディスンと更年期

更年期は女性ホルモンのエストロゲンが減少して分泌されにくくなり、身体の不調が出やすくなります。
エストロゲンを増やす食品は、一般的には大豆イソフラボン、VE.VB6.亜鉛、DHAなどがありますが、サードメディスン的に分類しますと、

右上少ない人
朝に納豆、味噌汁、豆腐のような発酵食品や、青魚、エゴマ油などの必須脂肪酸などを食べる

右下少ない人
アーモンド、かぼちゃ、モロヘイヤなどVEを積極的に摂る

左下少ない人
サンマ、カツオ、レバーなどのVB6を

左上少ない人は
夜に生野菜や果物を
更年期にはビタミンCも重要
このタイプの人は過緊張による末端の冷えが大敵なので身体を温める

そしてマトリクス図を正方形に整える様々なアプローチが大切。
興味がある方は是非サードメディスンチェックをされる事、おすすめします。

 

それにプラスして、ときめく心は大きな効果が期待できます。

ときめく心はドーパミン、セロトニン、エストロゲンを活性化します。
ドーパミンは脳内の神経伝達物質で快感を呼ぶ物質。
脳内が幸せでいっぱいになるとエストロゲンも活性化するのです。

恋をしてドキドキするとドーパミンが分泌され、気持ちが高まります。

たとえ恋をしてなくても、心がときめくなら、アイドルでもペットでも何でもいいのです。
何かに本気でときめく事が大事です。

そうです。
ときめきは更年期の味方!
サードメディスンのマトリクス図で正方形を目指しながら、日々ワクワク、ドキドキしていると更年期なんか辛くないし、お肌もツヤツヤになっちゃいそうですね。

 

 

 

釧路市ヴィーヴル
アロマセラピスト
リフレクソロジスト
介護アロマセラピスト
サードメディスンプロジェクト認定アドバイザー
生活習慣病予防士